ブログ

口臭を減らす3つの習慣

2020/04/14

誰もが一度は気になったことがある「他人の口臭」。

しかし、自分自身の口臭はなかなか気づかないものです。

そこで、毎日の習慣にすることで、常に口臭が最小限になるつの方法をご紹介します!

①朝ご飯を食べる!

口臭の主な原因は細菌が発生させるガス。こうした細菌を殺菌し、

洗い流す重要な役割を果たしているのが「だ液」です

。しかし、就寝中はだ液があまり分泌されません。

よって、朝になると口の中の細菌が増えてしまい、口臭がひどくなりやすいのです。

②フロス・歯間ブラシでケア

歯垢(しこう)とも呼ばれるプラークですが、これは単なる食べかすではなく

「細菌のかたまり」です。つまり、しっかりプラークを取らずに放っておくと、

口臭の原因になります。

とはいえ、単に歯をみがけばいい、というわけではありません。

実は「歯ブラシでみがくだけ」では、歯の表面のプラークしか取れず、

およそ4割もみがき残しがあるのです。

そこで重要なのが「フロス・歯間ブラシを使ったケア」です。

歯ブラシで取り残した「歯と歯の間」のプラークを取るにはフロス・歯間ブラシが必須。

1日、1回就寝前の歯みがきの際に一緒に使っていただくだけでも十分な効果があります。

➂「歯周病菌の住み」を定期的に除去

口臭の中でも臭いが強く、さらに、朝だけでなく一日中臭うのが「歯周病菌」による口臭です。

歯周病菌を減らすには、毎日のケアだけでなく、その住み家となっている

「歯石」を取る必要があります。

歯石はご自身では取れませんので、歯科医院で取り除く必要があります。

実は、この「歯石取り」は単に口臭のためだけでなく、歯周病の治療と予防のためにも

必要な処置です。

歯周病は歯を支える骨を溶かし、歯が抜けてしまう病気。

3ヶ月に一度通院すれば口臭予防と歯周病予防の一石二鳥になりますので、ぜひおすすめです。

  • Tポイントが使えます。貯まります。

アクセス

最寄駅
地下鉄御堂筋線「西田辺」駅より徒歩12分
地下鉄御堂筋線「昭和町」駅より徒歩18分
JR阪和線「南田辺」駅より徒歩15分
阪堺電軌上町線「北畠」駅より徒歩10分
バス停「北畠公園前」より徒歩3分
駐車場:7台(無料)

詳しくはこちら